お仕事探し中の就活生を応援する人たち

仕事探しと言っても中々希望通りの職場を見つけるのは難しいですよね。当サイトでは仕事探しのポイントや希望の仕事に就職するための秘訣をご紹介いたします。これから仕事を探そうという方は是非、就職活動に役立ててください。

介護の仕事!レクレーションの企画がたくさん!

一口に介護の仕事と言ってもたくさんの種類があります。働いている人の職種も様々です。一般的に介護施設で働いている人は、医師・看護職・介護職・理学療法士・作業療法士・事務職等があります。これらの職種が力を合わせて、チームワークを持って、利用者さんに、サービスを提供するのが、施設の特徴といえます。
介護施設では、病院とは異なり、1年間を通して、様々なレクレーションが企画されます。病院は、病気の検査や治療がメインであるのに対し、介護施設は日常生活の時間を費やすことが主目的におかれているからです。勿論、リハビリ等のケアも一部実施されます。春はお花見、夏は花火大会、秋はお月見、冬は雪を見る会等、季節にあったレクレーションが実施されます。また、そのような施設を挙げて、外部に出向くようなレクレーションばかりでなく、カラオケ大会や昔の遊び大会等、数時間で簡単に取り組めるレクレーションも数多く開催されています。毎日がイベントと言っても過言でない程、介護施設ではレクレーションが実施されているのです。
このようなレクレーションは、施設で勤務する従業員によって、企画・検討されています。
近年では、「レクレーション介護士」という資格も生まれ、施設においてのレクレーションの重要性・企画に携わる者の重要性が改めて認識されています。資格の取得にあたっては、介護の基礎知識を学び、大きく分類して3つ学ぶことが出来ます。1つ目は「高齢者とのスムーズなコミュニケーション」、2つ目は「企画の立て方や工夫」、3つ目は「レクレーションの実行」となっています。このような資格もあるので、企画が苦手な人、経験がない人でも安心して、スキルアップしながら学んでいくことができます。